ソフトテニス部【部活運営のヒント】

中高「ソフトテニス部」顧問・コーチのための部活運営お助け情報メールマガジン。当サイトでは配信内容を一部抜粋して掲載しています。

福田

<顧問へ>冬場に部員の体力を上げる方法

代々木のタリーズコーヒーより、、

今日もソフトテニス部の指導に情熱を燃やすあなたへ


こんにちは。
メルマガ「部活運営のヒント」福田です。


寒くなってきましたね。
もう今日から、12月です。


年末の紅白歌合戦で
”あまちゃん”ネタで
何かすごいサプライズがあるんじゃないか!?


勝手に期待してる日々です。

ソフトテニス部顧問ライフをいかが
お過ごしでしょうか。



日がかなり短くなってきたので、
放課後の部活の練習時間が本当に
短く感じますよね。

雪や霜で、屋外のテニスコートでは
まともに練習できない学校さんも
でてきているのではないでしょうか。


この時期の部活動では、
ボールを打つことよりも
「体力作り」に力点をおくことになります。


夏場は暑い中での練習になりますから、
秋口の状態というのは、
自然と体力がついている状態といえます。

いわゆる「貯金」ができている状態です。


しかし、
冬場の練習をいつもと同じような
ペースでボールを打つこと中心に
取り組んだのでは、この「貯金」を
”取り崩す”ことになってしまいます。

そもそも練習時間が短くなりますから、
同じ練習をやっていたら、
体力は上がるはずがありません。



せっかく夏場についた体力を【維持】し、
【向上】させる。

これができれば、春先には「体力レベル」
という意味では
ライバル校と大きな差になっているはずです。


「体力」というスポーツに取り組む上での
基本的なスタートラインが違えば、
その後の技術の差の付き方も大きくなります。


========
部活の時間の中で【縄跳び】
========


体力つくりといってまず最初に思い浮かぶのは
「ランニング」です。校庭を○周する、など。

私のおすすめは、「縄跳び」です。


部活動の時間の中での取り組みとして
冬場は「縄跳び」をやってください。

ランニングと比較した縄跳びのいいところは、
以下の3点です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■お互いの努力の様子が常にわかる
 (= 孤独にならない)

 ■他人と比較した体力レベルがわかる
 (= 切磋琢磨。恥ずかしい結果は残せない)

 ■安全
 (= 野球部のボールが飛んでくるところに
    走りにいかなくてよい)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ランニングもいいですけど、「ダレ」ます。



次回は【縄跳び】トレーニングの
具体的な方法について。


---この内容はメールマガジンで配信されたもののうち、一部の号を抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------


張り詰めた空気を作れ。

秋葉原のスタバより、、

「部活運営のヒント」福田です。



先週、某ソフトテニスメーカーの
若手社員の方と食事に行きました。

その方とは、その日が初対面。

翌日、その方にお礼のメールを
しようと思ったのですが、、、

非常事態発生・・

その方に連絡をとることができません。

その理由は最後に・・!!



========
審判以前の問題。
========


前回のメルマガにて、

 ーーーーーーーーーーーーーーー
 「生徒に審判の練習を指せる時の、
 効果的なポイントは何でしょうか。」
 ーーーーーーーーーーーーーーー

という投げかけをさせていただきました。
その後、「兵庫Y.Hさん」から投稿を
いただきましたのでご紹介させていただきます。

 (投稿内容に対して、
 私の意訳を入れて整理させていただきました)

 ~~~~~~~~~~
 1.(審判以前の問題として)
   入部当初から生徒に意識させるべき
   最初のステップ。それは「目標をもたせる」こと。
   (目標=部員全体、技術的にどうなりたい、人間関係の向上など)
   このマインドセットが非常に重要。

 2.普段から審判の役割の生徒が審判を
   「完璧にこなす」ことで、
   プレイヤーの緊張感もあがる。
   また、逆もしかり。
   プレイヤーがしっかりプレーすることで、
   審判側も緊張して取り組める。
   (下手なジャッジはできない)

 3.互いに張り詰めあう空気の中で行うことで、
   短時間でも「効果的なゲーム練習」を行うことができる。

 ~~~~~~~~~~

非常にためになる投稿をありがとうございます。


今回、全日本選手権のTV放送から、
いきなり「審判」にフォーカス
してしまいましたが、
当たり前の前提として、
生徒たちが部活を通じて

「こうなりたい」

という目標が整理されて
いなければ、審判は、
単なる「ルールの暗記」と
「やらされ仕事」にしかなりません。

ゆえに、生徒に対して、

「もっとちゃんと審判しろ!!」

なんて風に怒ってしまうのは、
指導側としてアテがはずれているわけです。


========
洗濯しちゃったんです
========

はじめて挨拶をしたその
メーカー担当者にお礼の連絡が
できなかった理由。

それは「頂いた名刺を洗濯してしまったから」。

その日に使ったYシャツの
洗濯物を干そうと思ったら、、
胸ポケットのあたりにゴミがたくさん・・


非常に失礼なことをしてしまったことになります。
他の知り合いの方経由で連絡先を伺い、
正直にお詫びをしようと思います。。


それでは、また。


PS
基礎が固められるテニス練習器具「ミラクルテニス」。
ソフトテニスでの活用方法【動画】を公開中。
【ストローク編】【ボレー・スマッシュ編】あり。


---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

部内試合の緊張感を上げる方法。

浅草橋のスタバより

こんにちは、「部活運営のヒント」福田です。


昨日、都内某所にて、
元全日本チャンピオン
浅川陽介氏と飲みに行きました。


福田と浅川氏の2人ではじめたこの
メルマガの今後のことについて、
打合せをしたのですが・・・

福田の「失言」により、
浅川さんが強い口調で怒る事態に・・

この続きは最後に・・!


========
「審判」に注目
========

前回のメルマガで、

「ソフトテニスの日本国内・最高峰の大会の決勝の放送を、
録画して生徒さんに見せたいですか?」

についてご意見を募集したところ、
たくさんのメールをいただきました。
ありがとうございます。

いただいたご意見からのご紹介です。

 ~~~~~~~~~

 私が思うに
 ソフトテニスの映像を見る時は、
 選手は当然の事ですが、
 審判に注目するというのが非常に
 大切だと思います。

 トップ選手の映像ですから
 試合もなかなか見れない、
 ということは、トップ選手を裁く審判を
 見る機会も少ないから。

 ~~~~~~~~~


「審判に注目」というのは、なるほど、
と感じました。

・はっきりと自信をもったコール、
・微妙な判定への毅然とした対応、


などなど・・・
どんなレベルでも、
試合が「だれる」のか、
「締まったものになるか」は、
審判の要素も大きい。

例えば、部内試合で、
生徒が審判をしている時と、
「怖い先生」が審判をする時では、
生徒は緊張感がぜんぜん違ったりしますよね。

ちょっとおおげさかもしれませんが、


「きちんと審判してもらっているの
だから、下手な試合はできないな」


という”空気感”が出ているから、
だと思うのです。

そういった意味では、
中学生・高校生が行う審判でも、
身に付ける「審判技術」の意識一つで、
その空気感が作れ、部内のゲーム練習が
何倍にも効果的になるのかもしれません。


●生徒に審判をやらせる(教える)時のポイント

 ⇒生徒に審判の練習を指せる時の、
  効果的なポイントは何でしょうか。

  「うちではこんなことを意識させて
   やらせているよ」

  ということがありましたら、
  ぜひメールでお知らせください。


  宛先:mag@st-on.jp
  ※@を半角に変換してください。
   ニックネーム・内容を送信ください。


======
失言の内容
======

浅川さんが怒ってしまった理由。

それは福田が浅川さんの出身高校を
間違えたから。

浅川さんは熊本の「文徳高校」の
ご出身なのですが、

福田は、なぜか勝手な思い込みで、
熊本県の別の高校名で記憶していました。

その誤って記憶していた高校名とは、
故・川上哲治さんの出身高校です。
野球をはじめ、スポーツで非常に著名人を
排出しているので、でした。

ちなみに、浅川さんは
「違いますよ!」
と大きな声で言っただけで、
実はそれほど怒ってません。
(と、福田は思ってます[笑])

浅川さんも、来週ぐらいから、
このメルマガのライターとして
登場予定です。


それでは、また。

PS
ソフオンBloggerでもある浅川陽介氏の
最新のブログ記事はこちら。
各地で指導者講習会など、精力的に活動中。


---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------



もしかして、録画予約忘れてない?

こんにちは。


「部活運営のヒント」編集の福田です。
楽天、やりましたね。



さて、本日、11/4(月・祝)はNHKで
ソフトテニスの全日本選手権が放送されます。


あなたは・・
録画予約・・・忘れずに、しました!?


はい、していない場合、いますぐテレビ部屋へゴー。


<ソフトテニス天皇杯・皇后杯決勝TV放送>
 NHK Eテレ
 平成25年11月4日(月・祝)
 15:00~16:00

・・・・・

予約、完了しましたね?

・・・・・

私は、先ほど、2人の子供(0歳・2歳)寝かしつけに成功し、
ヘロヘロになっている状態でしたが・・
奇跡的に(!)明日の放送のことを思い出しました。

ツイてます。


さて、あなたに質問です。

=====
「ソフトテニスの日本国内・最高峰の大会の決勝の放送を、
録画して生徒さんに見せたいですか?」
=====


中学生だと、よっぽど意識が高い子でないと、

「NHKでソフトテニスの放送あるよ~」

ってミーティングで言ってたとしても、
ほとんど見てくれないです。

でも、たぶん、映像として
ソフトテニスのトップレベルの試合を見ると、
生徒はそれぞれ”何か”を感じてくれるはず。

ダブルフォワードは自分が教えてる生徒には
やらせないから見せてもあまり参考にはならない・・

なんて思わず、
ぜひ、録画した内容を生徒さんに
見せてあげてください。


他のスポーツに目をむけると・・
野球やサッカーをやっている子だったら、
普段から”プロ”のレベルの試合が
テレビで見れる。

これは大きい。

・自分が何を目指せばいいのか
・どうやったら「勝てる」のか
・大人は試合でどう振る舞っているのか

について、「イメージ」が、わきます。



逆に、ソフトテニスには、
その「イメージ」が無いから、
中学ソフトテニス部員のうち、
8割(福田調べ)の生徒が、高校に入ると、
ソフトテニスを続けない。
と、思っています。


(私のブログより)

衝撃!中学⇒高校で10人中8人がソフトテニスをやめている!?



というわけで、
まずはNHKの放送を私達自身が見てみましょう。


そして・・・今日の放送を見た上で、


「ソフトテニスの最高峰の大会の決勝の放送を、
録画して生徒さんに見せたいですか?」


について、ご意見をぜひメールでお送りください。

特に、
「こんな風に解説をしながら生徒に録画を見せたらよい」
など、他の先生・コーチへのアドバイスがあれば、ぜひ。


ご意見宛先: mag@st-on.jp
 ※「@」は半角のアットマーク(@)に直してお送りください。


PS:
このメルマガのことをぜひほかの指導者の方にもお知らせください。

---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

ソフトテニス部の指導者向けのメルマガ、はじめます。

みなさん
こんにちは。ソフオン編集部の福田です。


正直言います。

僕は指導者のみなさんが本当に、うらやましい。

耐え切れないくらい・・!

なぜうらやましいのか?

この続きは最後に!


========
スタートします
========


さて、このたび、ソフオンでは、
「ソフトテニス部の指導者の方向け」、
特に、中学高校のソフトテニス部の顧問の先生方向けに、
メールマガジンをスタートすることにいたしました。

このメールが、その「スタート告知号」になります。


日々お忙しい顧問の先生方や外部コーチの方の、
少しでもお役にたち、ソフトテニスをもっと楽しみたい!
うまくなりたい!続けたい!という生徒さんが
1人でも増えることを願っています。

とはいえ・・・私、福田はソフトテニスのすごい指導者でも何でもありません。

6年以上前に、「外部コーチ」として東京都の中学や高校を指導していたことがありますが、それっきりです。
現在では、休日は2人の小さな子供の育児で忙しい、普通のサラリーマンです。

そんな私が、ソフトテニスの指導者の方々に大上段に書けることなんて、ありません。では、なんでスタートさせるのか?


・・・・・

「ソフトテニスの指導者の支援がしたい」
それは私がソフオンをスタートさせる10年前から
強く想ってきたこと。

自分にはみなさんに書けることは多くない。
でも、ソフオンと同じく、
「編集者」としてやってみよう。

・・・・・


ソフトテニスに取り組む「考え方」「練習方法」
「練習に望む心構え」「トレーニング方法」・・・・
それぞれの分野で、素晴らしい経験と、人に伝える力を
もっている方はいらっしゃるはず。

私が「編集者」になり、そういう方と一緒に、
「指導のヒント」になるコンテンツを発信しよう。
それがスタートを決めた経緯です。


●「浅川陽介さん」と一緒に。


そして・・・最初のパートナーの方を紹介させてください。

このメルマガは元・ソフトテニス世界チャンピオンであり、
全日本選手権を制覇したこともある
「浅川陽介さん」と一緒にまずは続けていくことにしました。

浅川さんは、指導者としての経歴・実績も非常にある方です。
私は読者としても彼の考えが読めることがとっても楽しみです。

次回以降、どこかで浅川さんからのメールも届き始めます。
楽しみにしていてください。


========
うらやましい理由
========

それは、みなさんが、
「今、ソフトテニスの指導ができている」から。

みなさんにとっては当たり前の日常かもしれませんが、
やりたくでもできない立場から見ると、とにかくうらやましい。


外部コーチをやっていた20代のころ、
すごく入れ込んでいたし、
生徒も想いが強くて、
とにかく練習に行くことが楽しくてしょうがなかった。

今から思えば、若くて、失敗の言動もたくさんあったな、
と想いますが、とにかく体当たりでやっていて、
充実していた気がします。

ソフトテニスの外部コーチを、またやってみたい。
その日を夢見て・・


<メルマガ読者募集してます>
 このメルマガのことを、お知り合いのソフトテニスの指導者の方にぜひお知らせしてください。
 ■ 無料メルマガ「部活運営のヒント」登録フォーム


PS
ソフトテニスの練習に役立つ、
こんな「練習器具」のプレゼントやってます。
ソフオン読者限定で、毎月1台あたる。
---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

メールマガジン登録
無料メールマガジン「ソフトテニス部・部活運営のヒント」の読者登録は以下のページよりお手続きください。< こちら >
livedoor 天気