ソフトテニス部【部活運営のヒント】

中高「ソフトテニス部」顧問・コーチのための部活運営お助け情報メールマガジン。当サイトでは配信内容を一部抜粋して掲載しています。

福田

【必見】野口先生による「インターハイで優勝するために」

From:部活運営のヒント


熱血ソフトテニス指導者のみなさん

恵比寿のスターバックスより、、

「部活運営のヒント」事務局の福田です。


2014年も、気がつけば、年末ですね。
昨日の選挙はいかれましたか・・・?
 

さて、昨日(12/13)更新の「週刊ソフトテニスNEWS」でもとりあげさせていただきましたが、すごい読み物が公開されました。


続きを読む

後輩Sから聞いた震災にまつわるちょっといい話し

熱血ソフトテニス指導者へ


恵比寿のスターバックスより、、

部活運営のヒント、事務局の福田です。

週末は、大学ソフトテニス部の後輩「S」と10年ぶりの再開。
「S」は高校時代から有名なプレイヤーで、今でも某地方都道府県のソフトテニスの中心的な存在の1人として頑張っている、すごいやつです。

いわゆる、先輩から見て「頭があがらない後輩」ってやつです(笑)。


「S」含め、当時の仲間数人も集まって、千葉県船橋市の居酒屋で酒宴。
近況報告や、昔話に花が咲きました。

「S」がこんなことを話してくれました。

・・・・・・・・

大震災が起きたとき、
続きを読む

<指導者へ>一流選手の驚愕の基礎練習

By メルマガ「部活運営のヒント」
bukatulogo_green


熱血ソフトテニス指導者へ
 

こんにちは。

恵比寿のスターバックより、、
メルマガ「部活運営のヒント」編集部の福田です。


9月に入ったと思ったらなんだかすっかり秋っぽくなって
しまってますね。

秋といえば運動会。
今日は自宅近くの公立中学校が運動会をやっていて、非常ににぎやかでした。



さて、ソフオンBlogより、
ソフトテニスの指導者の方向けの記事が
掲載されましたのでご紹介します。


続きを読む

#【指導者へ】ギリシャ戦が気になるけど

熱血ソフトテニス指導者へ
 

こんにちは。

恵比寿のスターバックより、、
メルマガ「部活運営のヒント」編集部の福田です。


いよいよこのあと7時から
ワールドカップ日本代表のギリシャ戦ですね!

昨晩、帰宅したら
妻が「ネタ元はミヤネ屋」 
とのことで、ギリシャ情報
教えてくれました。

「ギリシャは予選のホテルしか
予約してないし、
準々決勝の日に自分の結婚式を
入れている中心選手がいるらしいよ。

だからそんなところに、
ウチラの本田△が負けないっしょ!」


とのことだそうです。笑


さて、ソフオンBlogに、
ソフトテニスの指導にとっても役立つ
トレーニング方法が
アップされましたのでご紹介します。


続きを読む

【インタビュー】指導者のたった1つの役割

By メルマガ「部活運営のヒント」
bukatulogo_green


熱血ソフトテニス指導者と言われるあなたへ


こんにちは。

恵比寿のスターバックより、、
メルマガ「部活運営のヒント」編集部の福田です。



なんだかスッキリしない天気が続きますね。
いかがお過ごしでしょうか。


さて今回もソフトテニスの指導に関わる方へのインタビューをお届けします。今回のインタビュー先の方は・・・指導者であり、著名なブロガーさんでもあります。

「ソフトテニスBlogランキング」で堂々の1位をKeepしてらっしゃるブログ「鴻巣パンジーテニススポーツ少年団」の管理人【youmeiさん】です。 

週末を中心に「小学生」へのソフトテニス指導に”熱く”向き合っているyoumeiさん。全国小学生大会にも出場するような選手を育ててらっしゃいます。中学生・高校生の指導にも必ず役立つ内容です。

Inetview:
-------------------------------
youmeiさん(50代・スポーツ少年団団長・埼玉県在住)

一言:「宝くじがあたったら、テニスコートを作ります」
-------------------------------

●プロフィールは?

続きを読む

ソフマガを必ず2冊買う理由

By メルマガ「部活運営のヒント」
bukatulogo_green


熱血ソフトテニス指導者と言われるあなたへ


こんにちは。

神田駅のスターバックより、、
メルマガ「部活運営のヒント」編集部の福田です。


今日は5月27日。 
毎月【27日】は「ソフトテニスマガジン」の発売日です。


cover_l



私は、最寄り駅にある書店さんで、
帰りがけに買うようにしています。
しかし、数日買うのを忘れると、あっという間に売り切れているから注意!
よって、27日に買うようにしています。


みなさんは購読していますか!?

ソフマガは指導のネタ、満載です。


今号では、”新入生向け”にもアレンジされた、

の身体の回転を身につける
練習メニューも

イラスト付きで紹介されていて、良さそうです。




さて、そんなソフマガを私は必ず2冊以上買います。

なぜなら・・・


続きを読む

【指導者インタビュー】野球部顧問をやってわかったこと

By メルマガ「部活運営のヒント」
bukatulogo_green

※この内容は5月に指導者向けメールマガジンとして配信された内容です


 こんにちは。

東京駅のスターバックスより、、
メルマガ「部活運営のヒント」編集部・福田です。
イクメンしてたら、ちょっとご無沙汰してしまいました!

さて今回は、東京イチ・アツい!?顧問「イチ先生」(男性・30代)さんへのインタビューをお届けします。
東京都内の公立中学でソフトテニス部熱血指導バリバリの!?顧問の先生です。


Inetview:
-------------------------------
イチ先生(独身・男性・30代)

一言:「最近LINEを知りました。あれ、便利ですね。」
-------------------------------

●プロフィールは?

現在、東京の公立中学のソフトテニス部の顧問をやっています。
中学から大学まで体育会でソフトテニスをやっていました。
指導をするようになり、奥深さをさらに感じて、よりソフトテニスが好きになりました。


●他の部活の顧問をやっていたことがあるそうですね?

そうなんです。自分はほぼプレー経験はないのですが、野球部の顧問をやっていました。


●その時に感じたことがあるそうですね?

はい。「野球部って顧問への指導方法のサポート体制がしっかりしているな」と感じました。
私は少年野球を少しやっていた程度で、指導法など全く分からない状態でした。
そんな私のような顧問を、周りの学校の先生方が心配してくださり、声をかけて一緒に合同練習してくれたり飲みにつれていってくれたりしました。

また、顧問が審判をしなくてはいけないので顧問対象の審判講習会を行います。そこで練習メニューなど指導のポイントを教えてくれました。定着させる取り組みがしっかりできていました。


●その点はソフトテニスとは違いましたか?

違いました。

野球部では野球未経験の顧問も続けているケースが多いです。
しかしソフトテニスでは未経験の若い顧問の先生が、1、2年で顧問をやめてしまうケースが結構ある。
それは都大会に出場するようなチームでも例外ではありません。
顧問を辞めてしまう理由の一つは、「指導方法」(教え方)が分からないこと。
授業準備や学年や分掌の仕事に追われ部活指導の上達をしたいけど、その時間がとれない。未経験の顧問が強豪校の先生に習いにいくのも声をかけづらい。

でもほとんどの若手顧問が自信をもって技術指導をしたいと思っています。

 ソフトテニスは中学生の競技人口が減ってしまえばすたれてしまいます。そしてその顧問がいなければソフトテニスという種目の存続も危うくなる、大きな問題です。
ですから、未経験の顧問にどうサポート体制がとれるかがポイントだと思います。


●そうなんですね。それと、ソフトテニス特有の難しさもあるとか?

そうなんですよ~。
ソフトテニスは中学の部活でも競技人口がとても多く、特に「女子」ソフトテニス部では50名近くなる場合もあります。
人数が増えれば意識の高さのズレや引率が大変であったりなど、
色々な問題も増えます。その指導で顧問も疲弊してしまうことがあります。


●それは大変ですね。

そういった問題も、技術指導を行えるようになることが大事です。
顧問自身が自信をもって部員に接することができれば、解消または起こる前に未然に防げます。

●具体的にされていることはありますか?

ソフトテニス未経験者の方が顧問になった場合若手の顧問同士で声を掛け合うようにしています。

また「軟ら会(やわらかい)」という若手顧問の会で合同練習や研修大会で練習メニューや情報交換をしています。
そこから輪を広げて、ベテランの顧問の先生方との繋がりや橋わたしをしようとしています。
今はそれぐらいですができることは、まだたくさんあると思います。


<ありがとうございました>

インタビュアーより:
「イチ先生」は、とってもアツいソフトテニス部顧問の先生でした。自分の学校だけでなく、ソフトテニスの将来を心配されて行動にうつそうとされている姿はカッコ良かったです。



PS:
当メルマガのライターになってくださる顧問・外部コーチの方を募集します。


By メルマガ「部活運営のヒント」
bukatulogo_green

ソフトテニス・オンライン
http://st-on.jp/

【メルマガ】勝つことよりも大切なことがある

※この内容は3月に指導者向けメールマガジンとして配信された内容です


おはようございます!

神田のスターバックスより、、
メルマガ「部活運営のヒント」福田です。

もう気がつけば3月もあと1週間とちょっとで終わり、新学期が始まりますね。

みなさんも、新学期に向けて、忙しくされていることと思います。

さて、今回は「週刊ソフトテニスNEWS」より。
あの全国的に有名な高校「文大杉並学園高校」の、部活動の運営にとっても
役立つ情報がアップされたサイトを紹介しています。


勝つことよりも大切なことがある~職人心得三十箇条/2014年3月22日(土)号
続きはこちら>>


PS:
当メルマガのライターになってくださる顧問・外部コーチの方を募集します。



By メルマガ「部活運営のヒント」
bukatulogo_green

<顧問へ>紅白見ました!?

※この内容は今年1月1日のメールマガジンで配信されたものです。

自宅のダイニングテーブルより、、


メルマガ「部活運営のヒント」ふくだです。


・・・・・・・


2014年、

あけましておめでとうございます。


・・・・・・・



2013年は、

このメルマがに登録いただき、

誠にありがとうございました。



浅川さんと相談しつつ、

ソフトテニス指導者の方向けのこのメルマガの内容を

充実させ、皆さんの指導上の役にたてるように、

頑張って参ります。



今年もよろしくお願い致します。


PS:
紅白、見ました。
いつもにも増して、「盛りだくさん」でしたね。
あまちゃんファンとしては、「潮騒のメモリー」がナマで
聞けるなんて・・感激。
一方、大物の「引退」「卒業」の話がいくつも出てきました。
1つ1つはそれぞれのファンにとっては大切な話なんで
しょうけど、なんだか、限られた時間の中であれだけ
出てくると「安く」見えてしまいますよね。
芸能人の方は紅白以外の場で引退されることをお薦めします(笑)。


PS:
Webサイト「ソフトテニス・オンライン」で
2013年に取り上げたトピックスの「振り返り」を公開しました。
紅白でも大活躍だった「あまちゃん」とソフトテニスの関係とは!?

↓ ↓

http://mshn.jp/r/?id=0erq21

---この内容はメールマガジンで配信されたもののうち、一部の号を抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------


<顧問へ>トレーニングは練習前にやれ。


浅草のスターバックスより、、

メルマガ「部活運営のヒント」福田です。
 
前回のメルマガの中で、
ソフトテニス部の、
冬場の体力つくりとして「縄跳び」がいいぞ、
ということを書きました。

縄跳びのいいところ3点

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■お互いの努力の様子が常にわかる
 (= 孤独にならない)

 ■他人と比較した体力レベルがわかる
 (= 切磋琢磨。恥ずかしい結果は残せない)

 ■安全
 (= 野球部のボールが飛んでくるところに
    走りにいかなくてよい)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は、ソフトテニス部の練習内での、
縄跳びの具体的な活用方法について。


===============
ボールを打つ練習の「前」にやれ
===============

トレーニングは練習後がいい、
は思い込みです。

縄跳びは、練習開始前にやってください。


(1)練習前に、前跳び1000回

 ↓

(2)終わったらボールを打つ練習に
   参加できる


早く追われれば、
ボールを使った練習に進める、
という構造にしてください。

”集中して短時間でおわらそう”

そういうモチベーションが働きます。


これが大事。

「だらだら」になることがありません。


練習前にやったら疲れてしまうのでは?

と思われるかもしれません。

確かに、疲れます。


でも、それでいいのです。

本番の試合では、上位に行くほど
インターバル(間隔)が開かずに
試合が入ります。

息があがる運動を10分程度して、
ソフトテニスのリズムが乱れ、
実力が出せないようでは、
本番の試合では勝てない。


また、やらせるタイミングですが、
ゲーム練習中の待ち時間もいいです。

カラダが冷えず、時間を有効に使えるので効果的です。


===============
注意ポイントは・・
===============

1.ペアで向き合ってやらせる
   ⇒切磋琢磨。ずるをさせない。

2.回数
   ⇒いきなり初日から1000回やらせない。
    300回程度から初めて、生徒たちの
    体力状況を見て徐々に上げていく。

3.水分補給

   ⇒水分補給はしっかりして下さい。

 冬場は夏に比べ喉が渇く感覚が弱いので
 水分を摂るのを忘れてしまいがちです。

 水分の消費は夏場とたいして変わりません。
 水分(ミネラル)を適度に摂らないと
 足がつったり気分が悪くなったりする子が出てきます。


ではでは・・
 
---この内容はメールマガジンで配信されたもののうち、一部の号を抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

メールマガジン登録
無料メールマガジン「ソフトテニス部・部活運営のヒント」の読者登録は以下のページよりお手続きください。< こちら >
livedoor 天気