By メルマガ「部活運営のヒント」

bukatulogo_green

こんにちは。トレーナーの市山です。
私は、幼いころからバドミントンをやっており、学生時代には、長距離走もトレーニングの一環として取り組んできました。
しかし、今までの最長走行距離は10Km。それ以上は走ったことがなく、未知の世界でした。
そんな私が、先日、京都木津川マラソン大会でハーフマラソンに初チャレンジしたのです。さて、結果はどうなったのでしょうか。


最近では、マラソン人口も増え、全国各地でマラソンイベントも増えています。
こんなに長い距離、皆さんは何を考えて走るのだろうか・・・、と疑問もあり、ハーフマラソンに挑戦してみました。
私の目標は、2時間を切ること。何となくですが(笑)。
この大会のハーフマラソンコースには、何キロ地点などがあまり表示されていなかったため、まずは折り返し地点まで1時間以内で行くことを目標としました。未知の世界への挑戦なので、安定した走りをしているランナーを探してついて行きました。
ついて行っている間は、気持ちや体にはあまりストレスはありません。好調のまま、折り返し地点でのタイムはちょうど1時間でした。

折り返し地点通過後、目標達成のためペースをあげました。そのため途中で、目標ランナーを追い抜いてしまいました。なんてこと・・・。
一番の勝負所は、自分ひとりで走り出してからの後半。いきなりペースが落ちそうになりました。
ここでペースを落とそうと思えばいつでも落とせる。
しかし、目標のタイムにはペースを落とせる余裕がない。
疲れている自分と、目標を追う自分との戦いが始まりました。
何となく立てた目標でしたが、大変しんどいことになってしまいました(笑)。


結果、2時間1分1秒。
悔しさは残りましたが、久し振りに選手の時のように自分自身を追い込み、やり抜いた達成感でした!!

今回私が立てた2時間切りの目標は、自分を追い込んで、自分と戦ういい目標となりました。
部活動に一生懸命に取り組む選手の皆さん。
好きな競技だからやる。そこに目標ができると、楽しさに加えて、達成感もついてくる。
皆さんにも、是非味わっていただきたいものです。


IMG_0044

スポーツインテリジェンスHP

http://www.sports-intelligence.jp/

ブログ
http://ameblo.jp/sports-intelligence/

フェイスブック
https://www.facebook.com/sports.intelligence?ref_type=bookmark

からだサポート【S.I メルマガ】登録フォーム
https://plus.combz.jp/connectFromMail/regist/cpfw9543

S.I.Shop
http://s-i-shop.online-store.jp/i-shop/top.pasp?to=tp


By メルマガ「部活運営のヒント」

bukatulogo_green