By メルマガ「部活運営のヒント」

bukatulogo_green

皆さん、こんにちは。トレーナーの中野です。

今回は、1月10日(日)・11日(月・祝)に開催致しましたスポーツインテリジェンス講習会2016の2日目、『身体機能を100%活用させるための理論と実践的トレーニング、技術練習との融合』のレポートをお送りします。


講習会2日目は、高川 経生氏(ヨネックス(株)・2015年度 全日本ソフトテニス女子日本代表コーチ)、高井 志保氏(履正社医療スポーツ専門学校ソフトテニスコース講師・2015年度 全日本ソフトテニス女子U-17監督)をお迎えしました。

身体機能を理解した上でトレーニングを実践し、さらに技術練習に繋げることをテーマとして講習を行いました。

午前中は、川上(2015年度 全日本ソフトテニス男子日本代表トレーナー)による「身体機能を活用するための、スタンスや重心移動」の講義でした。

午後は、午前の講義内容を踏まえての実技講習会。「良い姿勢とは」、「スムーズな重心移動のためには、何が大切か」、「どこを意識しながら行うと身体機能を向上させられるか」など、ウォーミングアップを通しての実技指導から始まりました。

そして、次に行われたのは、ストロークを向上させるためのトレーニングです。
メディシンボールを使って、力の伝わりやタイミング、重心の乗せ方などをわかりやすくトレーニングした後、実際にボールを打つ技術練習を行いました。

その他にも、「キャッチボール動作」が「サーブやスマッシュ」に直結することなど、「トレーニング理論」と「技術練習」を融合させる講習が進められました。
身体機能の考え方とトレーニングをどのように技術練習に繋げるか、どのようなポイントを意識して練習すればよいのかを、指導者の皆様には、実際に選手の動きを見ながら、講習を受けていただくことが出来ました。

指導現場で別々に考えられがちな「フィジカルトレーニング」と「技術練習」。講習会を通じて、その2つを繋げるヒントをお伝えできたのではないかと思います。

講習会にご参加いただきました皆様、ご協賛企業様、募集にご協力いただきました各都道府県の皆様に心より感謝申し上げます。


来年は、1月8日(日)・9(月・祝)の日程で、1日目は『映像分析によるデータ収集と戦略の立て方』、2日目は『オンコート上で活きるメンタルトレーニング実技』を予定しております。

詳細に関しましては、今年秋頃に改めてご案内させていただきます。


ソフトテニス界に役立つ情報を発信していきたいと思っております。

来年も、皆様のご参加をお待ちしております。