<指導者メルマガ>TV観戦で生徒が自立!?

日体大のテニスコートより、、

先生方、

こんにちは。
メルマガ「部活運営のヒント」浅川陽介です。


先日テレビで放映された全日本選手権を録画した方、
多いのではないでしょうか。

今回は、テレビ放送の1つの「見方」をご提案します。


●試合観戦への「思い込み」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生方、

「生徒はだれでも、憧れの視点で、
上手な人のゲームを見ている」

と思っていませんか?


しかし、実は1つ1つのプレーを
単に「注視」してしまっているだけです。
その視点を先生方によって

「少し方向転換させてあげる」

事が効率的な試合観戦の上では大切になります。


●視点の変化に伴いプレーも自立します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まずは、指導者自身がどのような視点で
試合を見るべきかを発見する事から始めましょう。

指導者自身も練習メニュー・トレーニ
ングメニューの発見にも繋がります。


~~~~~~~~~~
<具体的なやり方>
~~~~~~~~~~


●用意するもの

 ノート・鉛筆・ストップウォッチ・電卓

●最低人数:3人(3人一組でやると効率が良いです)

 1人め:ノート+鉛筆
 2人め:ストップウォッチ
 3人め:電卓

●試合を見ながら記録する内容

 1. 各ポイントのラリー本数
   (サービスから「1」本と数えます)

 2. 各ポイントのラリー時間

●発見できること

 ・各ポイントのラリー本数、時間が分かる事で
  「練習への意識付け」と
  「トレーニング方法」の発見に繋がります。

●記録した後にやること

 ・ノートをみんなで見ながら、
  どんな発見があったか、
  どんなことを今後の練習で意識したらよいか、
  話し合ってください。


 興味を抱くゲームの観方、考えて観る思考への
 「ヒント」を指導者が与えてあげることが大事です。


 繰り返します。


 視点の変化に伴い生徒自身のプレーも自立します。


 「ちゃんと観ろ!」や「何を観ているんだ!」
 という強い口調ではなく、具体的な記録をもとに、
 興味を持つように促してあげる事をお勧めします。


全日本選手権の映像を生徒さんと見ながら、
以上の事をやってみてください。

感想もお待ちしております。


浅川陽介


PS
指導上の疑問点や悩みなど、
内容・ニックネーム・指導対象を添えて
mag<アットマーク>st-on.jp
までお寄せください。
すべてにお答えできませんが、
メルマガ上で取り上げさせて
いただきます。


---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

<指導者メルマガ>ソフトテニス「部報」を作ろう。

梅田のスターバックスより、、


先生方、

こんにちは。
メルマガ「部活運営のヒント」福田です。


普段、拠点は東京なのですが、
本日は出張で大阪に来てます。


新幹線「のぞみ」で東京から新大阪まで
きたんですが、
「のぞみ」が何がいいかって、
【電源】があるんですよね。
窓際の席限定ですけど。

電池の心配をすることなく、
パソコンで約2.5時間、
めっちゃ「集中」して作業できます。

しかし・・
「集中」し過ぎて、、
大失態を演じてしまったのです。

そして、
同じ車両の全員の注目を浴びることに・・

続きはこのメールの最後に・・!


========
「部報」を作ろう
========

私が中学校の外部コーチをしていた時、
「部報」を作っていました。

「部報」とは何かというと、
「○○中学ソフトテニス部ニュース」
です。

読んで欲しい対象は、
部員と、その親。

部員間のコミュニケーションを促進したい、
ご両親に理解を深めてもらって、応援して欲しい。

そんな思いで発行していました。


中高生って、同学年で固まりがち、ですよね。
普段話すのは、同級生ばかり、
という子も多い。

せっかく部活をやっているのですから、
先輩や後輩と、積極的に
コミュニケーショをとり、
色々な学びを得て欲しい。

でも、多感な時期ですから、
簡単にはいかない。

そこで、「部報」なのです。


例えば・・・・
夏の大会のあとの「号」では、
引退間近の中3がどんな想いいで
最後の夏の大会に望んだのか、
そして何を感じたのか。

それを3年生数名に
文章にしてもらいます。
そして、「部報」にまとめ、
部員全員に【紙】で配布します。


身近な先輩の話ですから、
中1も全員きちんと読んでくれて
いたと思います。

そこから感じ取ってくれたことは
多かったんじゃないかと、
今でも思っています。

次号では、部報の発行ノウハウに
ついて触れたいと思います。


========
「のぞみ」での失態の内容
========


それは、
「新大阪」駅で降り損ねそうに
なったこと。

なぜか「新大阪」=終点
と勝手に思い込んでいました。

普段東京に帰る感覚だったんです。
東京行きであれば、東京駅は必ず「終点」。


だから、新大阪に着いても、
「周りが降りてからゆっくり降りよう」
ぐらいに思っていたのですね。無意識で。

しかし、いつまでたっても、
周りは降りない人がいる。


「あれ!?何かおかしい!」


超焦りました。

本年度、
焦りのピーク。笑


超絶急いで上から荷物をおろし、
パソコンの電源コード類は
カバンにしまわずそのまま手持ち。

着の身着のまま!?状態で
出口まで超絶ダッシュ。

たぶん、、
大学時代の乱打よりいいステップ
していたと思います。

そして、車両内のほぼ全員が私の事を
見ていました(笑)。

結果・・
無事、降りれました。

はぁ~。。。


PS
部報に限らず、部員間のコミュニケーション促進で、
「うちの部はこんなことをやっているよ!」
という方はぜひ教えてください。
宛先は、mag<アットマーク>st-on.jp まで。
本メルマガにてご紹介させていただきます。


---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

<指導者メルマガ>浅川陽介です。

mainimg

桜新町駅のタリーズコーヒーより、、


こんにちは。
ソフオンブロガーの浅川陽介です。

 

『部活運営のヒント』
メルマガに登録いただき、
ありがとうございます。

 私のプロフィールはコチラ


まずは、私の指導の考え方から紹介させてください。

私の指導の根源は、小学生時に行っていた
「サッカー」が基本となっています。

私の田舎熊本では、小学校に部活動があり
毎日の様にボールを蹴る日々でした。

同時に社会体育クラブチームにも所属をし、
ライバルと称する選手とチームを組んだりしながら
学校体育と社会体育の違いを肌で感じながら
6年間を過ごしました。


サッカーゴールとボールを幾つも使用し
数チームで同時に試合を行う事や、
ワントラップゲーム(パスを受ける際にトラップ、
その次パスを出さなくてはならないローカルルール)
などを通して、ルールの変化・環境を変化
させることにより状況判断・チームワーク・
スキル等の様々な能力が身に付く事を気づか
せてくれました。 

その様な経験と、ソフトテニスで学んだ事を
コラボレーションしながら少しでも多くの方に
ソフトテニスに慣れ親しんで欲しい。

更には楽しんで競技者だけにとどまらず
生涯スポーツとしてライフワークと
共に続けてもらいたいとの想いで活動しています。

そんななか、
ソフオン編集長の福田さんと私との
「指導者向けのメルマガ」企画が
立ち上がりました。


私自身様々な講習会に伺い、現場の指導者の
苦労を耳にする事が沢山ある中で、
現在ソフトテニス経験者ではない多くの方が
中学校ソフトテニス部の顧問をして下さって
いることを知りました。

福田さんと協議する中でもその話題が中心となり、
指導者をサポートする事がより多くの
ソフトテニス愛好者を増やすことに繋がる
のではないだろうかとの考えに至り、
福田さんと共に『部活運営のヒント』を
始める事になりました。 

多くの方に愛され・長いおつきあいになるよう
取り組んで参りますのでよろしくお願いいたします。


浅川陽介


※次回の私の配信は、
ソフトテニスの試合観戦をするにあたって、
「新しい視点が得られる見方」をみなさんにお教えします。


---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------


メールマガジン登録
無料メールマガジン「ソフトテニス部・部活運営のヒント」の読者登録は以下のページよりお手続きください。< こちら >
livedoor 天気