<指導者メルマガ>チームビルディング法

mainimg

東京駅のスターバックスより、、


今日もソフトテニス部の指導に情熱を燃やすあなたへ


こんにちは。
メルマガ「部活運営のヒント」浅川陽介です。


前回は全日本選手権大会のテレビ観戦方法についてご紹介しました。

今回は、お手持ちの
「ホームビデオカメラ」を使って
自分たちのプレート撮影し、
チームの戦力アップを目指す方法をご紹介します。


●試合のビデオを活用しよう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生方、

日頃から頑張って練習している生徒たちに
もう少しエネルギーを与えられたら・・・


そんな事を思った事はありませんか?


一緒懸命練習していても結果が出ない
そんな選手は少なくありませんよね。


ソフトテニスはダブルスが「主体」
チームワークが必要になります。


そこで子供たちにチームで取り組む
練習への意識レベルを上げる為の
試合のビデオ撮影&視聴を提案します。

それはモチベーションの維持に必要な
「具体的なイメージ」を与え、
チームワークにつながります。


~~~~~~~~~~
<具体的なやり方>
~~~~~~~~~~


●試合の映像の入手

 最近では保護者が試合会場で撮影する
姿をよく見かけます。

その映像を「分析するため」と説明し、
提供してもらいましょう。

多くの生徒の映像があると具体性が
高まるので保護者の協力を得ましょう。


●ビデオで試合を見ながら記録する内容

 1. ファーストサービスの確率

 2. 貴学校のサービスゲーム・リターンゲームの
   ゲーム取得率
 
 3.貴学校のポイント率とミス率


●発見できること

 ・チーム全体のファーストサービスの確率が分かる。

 ・サービスゲームとリターンゲームの得意・不得意が分かる。

 ・ポイントとミスどちらでゲームが進んだかが分かる。


●分析結果を生徒に伝える

 ・ノートに写させて、どんな感想かを発表させる。
  そして、生徒に今後の大会での数値目標を
  話し合わせてください。
  目標設定を確定したらほぼ準備完了。


●見える場所に数値目標を掲げる

 ・練習でも常に意識を持って取り組める事が大切です。
  いつでも意識できるように、
  ボードを使ってコートへ目標を記載したものを
  掲げておくことが大切です。
  「目標」は練習意欲を確実に上げます。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そして、みんなで共有している目標は、
 チームワークを生みます。

 練習を作業として行うのではなく
 目的へ向かって取り組ませることがとても大切です。


~~~~~~~~~~

勝つ事・負けない事を目指すだけでなく
その為の具体策を掲げて主体的な取り組みを
促してあげる事をお勧めします。


今ある映像でもかまいません。
映像が無い場合は、今後の大会へ
向けて準備をしてみてください。


メルマガの感想もお待ちしております。
(宛先:mag<アットマーク>st-on.jp)

浅川陽介


---この内容はメールマガジンで配信されたもののうち、一部の号を抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

<指導者メルマガ>「部報」発行3つのポイント

神田のスターバックスより、、

先生方、

こんにちは。
メルマガ「部活運営のヒント」福田です。

大阪出張から東京に帰ってきました。


大阪みやげは、、
「蓬莱(ほうらい)」の豚まん。
かなり有名なお店みたいですね。

最近、大阪に行ったらこれを
おみやげに買って帰ることにしています。

このお店ですが、
「551蓬莱」と書きます。

なぜ「551」なのか?

続きはこのメールの最後に・・!


========
「部報」作成のポイント
========

前回、「部報」を作ってみましょう、
という話を書きました。

部報=部活ニュース、です。


・夏の大会、目標としていた県大会出場決定!

・大会を振り返って:2年○○さん

・先生コラム

・あのOBは今!

・などなど・・・


こんな感じの内容の
「○○中学ソフトテニス部ニュース」を作成。

紙面にまとめ、全部員に配布していました。


私は外部コーチとして、
半端無く入れ込んでいた時期がありました。

「ソフトテニス部報」作成にも力を入れまくって
半端無くクオリティの高いものを、
独断と偏見で作っていました。


本業のサラリーマンの仕事そっちのけ。
営業先に向かう電車でもノートPCを開いて
作っていました。
そしてお試し印刷は「キンコーズ」へ。

やりすぎですね。笑

そんな無理なやり方は、絶対におすすめしません。

あたなには、
「部報」を作るポイント3つをお伝えします。


(1)季節に1回の発行
    → つまり、年間に4回です。
      これぐらいなら、何とかまわせます。

(2)「部報委員」を決める
    → 1学年1人担当の生徒を作ります。
      ネタ集めの”編集会議”も開催。
      アイディアを出してくれそうな子がいいです。

(3)目的を毎号伝える
    → なぜ部報を発行するのか?
      前回もお伝えしましたが、部報の
      目的は「部員のミュニケーション促進」です。

      伝え方は先生方によって異なると思いますが、
      毎回、そのことを伝え続けることが大事です。


これだけです。

私が以前に作っていた部報を
お見せできないのが
非常に残念。
(個人情報盛りだくさんのため・・)

部報作りがすぐにできるWordのフォーマット
だけでもみなさんにいずれ提供したいと思っています。


========
「551」と書く理由
========

豚まんのほうらいは、
「551蓬莱」と書きます。
読み方は「ごーごーいちほうらい」。

『551(ここがいちばん)』という語呂合わせから
来ているもだそうです。

味もサービスも全ての面で、
「ここが一番を目指して行こう!」
ということだそうですよ。



---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

<指導者メルマガ>TV観戦で生徒が自立!?

日体大のテニスコートより、、

先生方、

こんにちは。
メルマガ「部活運営のヒント」浅川陽介です。


先日テレビで放映された全日本選手権を録画した方、
多いのではないでしょうか。

今回は、テレビ放送の1つの「見方」をご提案します。


●試合観戦への「思い込み」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先生方、

「生徒はだれでも、憧れの視点で、
上手な人のゲームを見ている」

と思っていませんか?


しかし、実は1つ1つのプレーを
単に「注視」してしまっているだけです。
その視点を先生方によって

「少し方向転換させてあげる」

事が効率的な試合観戦の上では大切になります。


●視点の変化に伴いプレーも自立します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まずは、指導者自身がどのような視点で
試合を見るべきかを発見する事から始めましょう。

指導者自身も練習メニュー・トレーニ
ングメニューの発見にも繋がります。


~~~~~~~~~~
<具体的なやり方>
~~~~~~~~~~


●用意するもの

 ノート・鉛筆・ストップウォッチ・電卓

●最低人数:3人(3人一組でやると効率が良いです)

 1人め:ノート+鉛筆
 2人め:ストップウォッチ
 3人め:電卓

●試合を見ながら記録する内容

 1. 各ポイントのラリー本数
   (サービスから「1」本と数えます)

 2. 各ポイントのラリー時間

●発見できること

 ・各ポイントのラリー本数、時間が分かる事で
  「練習への意識付け」と
  「トレーニング方法」の発見に繋がります。

●記録した後にやること

 ・ノートをみんなで見ながら、
  どんな発見があったか、
  どんなことを今後の練習で意識したらよいか、
  話し合ってください。


 興味を抱くゲームの観方、考えて観る思考への
 「ヒント」を指導者が与えてあげることが大事です。


 繰り返します。


 視点の変化に伴い生徒自身のプレーも自立します。


 「ちゃんと観ろ!」や「何を観ているんだ!」
 という強い口調ではなく、具体的な記録をもとに、
 興味を持つように促してあげる事をお勧めします。


全日本選手権の映像を生徒さんと見ながら、
以上の事をやってみてください。

感想もお待ちしております。


浅川陽介


PS
指導上の疑問点や悩みなど、
内容・ニックネーム・指導対象を添えて
mag<アットマーク>st-on.jp
までお寄せください。
すべてにお答えできませんが、
メルマガ上で取り上げさせて
いただきます。


---この内容はメールマガジンで配信されたものを一部抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------
メールマガジン登録
無料メールマガジン「ソフトテニス部・部活運営のヒント」の読者登録は以下のページよりお手続きください。< こちら >
livedoor 天気