<指導者メルマガ>基本ボレーはまだ練習するな!?


mainimg

インド国際大会から先日帰ってきました。

こんにちは。
メルマガ「部活運営のヒント」浅川陽介です。


インド国際大会が行われたアーメダバードは宗教の都市として知られています。

道には牛・バッファローが隊列をつくって車道を

平気で散歩しています。

日本とは違い信号機はほぼなく

渡るのにも命がけです。

そんな環境からかパワーアップして帰って来ました。

身体は・・・

旅行者の大半がお腹をこわすといわれている国との事でしたが

私を含め数名がお腹をこわしてしまいました。

しかしながら、無事に帰国できたので一安心です。


さて先週に引き続き「ネットプレーヤー(前衛)」の

”段階的指導方法”についてご紹介していきます。


=========================
基本ボレー練習は今するべきではない!
=========================

前衛がポジションについてからボレーをするまでの
基本動作を分解してみると以下の5つにわけられます。

1. ポジショニング
2. 観察
3. 決断
4. フットワーク
5. インパクト

大きく分けるとこの様になります。

今現在ソフトテニスの練習メニューでは

4コースの基本ボレー(クロス・逆クロス・右/左ストレート)が

多く実施されている様に感じます。

ここで皆さん考えて見てみましょう。

この練習方法で見に付く技術(上記の分解した前衛の仕事)は

何だと思いますか?


答えは・・・・

そう④・⑤です。

フットワークと、インパクト。



サッカーで例えるならば、ファールの後の

フリーキックの練習を右サイド・左サイドと

しているようなものです。


前衛に必要な資質は、蹴り方(取り方)よりも

ボールのところへ行く脚です。



自陣ゴール付近でファールをもらうよりも

相手ゴール付近でファールをもらう

更には、ゴールしやすい位置までボールを

運ぶ技術こそが現実的な点数に

結びつく技術なのではないでしょうか。

ファールのフリーキックはその取り組みの結果であり

ゲームの一部でしかありません。



取り方ではなく、勝負を教えることが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前衛を育てる根底になければならないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


勝負感を育てるについて次回紹介したいと思います。

野生の勘と予測の違い・・・・・・・・・

これより南市川テニスガーデンにて

取材に出かけてきます。

部活運営の”ヒント”を探しに。



ではみなさん、また
 
---この内容はメールマガジンで配信されたもののうち、一部の号を抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

<顧問へ>トレーニングは練習前にやれ。


浅草のスターバックスより、、

メルマガ「部活運営のヒント」福田です。
 
前回のメルマガの中で、
ソフトテニス部の、
冬場の体力つくりとして「縄跳び」がいいぞ、
ということを書きました。

縄跳びのいいところ3点

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■お互いの努力の様子が常にわかる
 (= 孤独にならない)

 ■他人と比較した体力レベルがわかる
 (= 切磋琢磨。恥ずかしい結果は残せない)

 ■安全
 (= 野球部のボールが飛んでくるところに
    走りにいかなくてよい)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は、ソフトテニス部の練習内での、
縄跳びの具体的な活用方法について。


===============
ボールを打つ練習の「前」にやれ
===============

トレーニングは練習後がいい、
は思い込みです。

縄跳びは、練習開始前にやってください。


(1)練習前に、前跳び1000回

 ↓

(2)終わったらボールを打つ練習に
   参加できる


早く追われれば、
ボールを使った練習に進める、
という構造にしてください。

”集中して短時間でおわらそう”

そういうモチベーションが働きます。


これが大事。

「だらだら」になることがありません。


練習前にやったら疲れてしまうのでは?

と思われるかもしれません。

確かに、疲れます。


でも、それでいいのです。

本番の試合では、上位に行くほど
インターバル(間隔)が開かずに
試合が入ります。

息があがる運動を10分程度して、
ソフトテニスのリズムが乱れ、
実力が出せないようでは、
本番の試合では勝てない。


また、やらせるタイミングですが、
ゲーム練習中の待ち時間もいいです。

カラダが冷えず、時間を有効に使えるので効果的です。


===============
注意ポイントは・・
===============

1.ペアで向き合ってやらせる
   ⇒切磋琢磨。ずるをさせない。

2.回数
   ⇒いきなり初日から1000回やらせない。
    300回程度から初めて、生徒たちの
    体力状況を見て徐々に上げていく。

3.水分補給

   ⇒水分補給はしっかりして下さい。

 冬場は夏に比べ喉が渇く感覚が弱いので
 水分を摂るのを忘れてしまいがちです。

 水分の消費は夏場とたいして変わりません。
 水分(ミネラル)を適度に摂らないと
 足がつったり気分が悪くなったりする子が出てきます。


ではでは・・
 
---この内容はメールマガジンで配信されたもののうち、一部の号を抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------

<顧問へ>冬場に部員の体力を上げる方法

代々木のタリーズコーヒーより、、

今日もソフトテニス部の指導に情熱を燃やすあなたへ


こんにちは。
メルマガ「部活運営のヒント」福田です。


寒くなってきましたね。
もう今日から、12月です。


年末の紅白歌合戦で
”あまちゃん”ネタで
何かすごいサプライズがあるんじゃないか!?


勝手に期待してる日々です。

ソフトテニス部顧問ライフをいかが
お過ごしでしょうか。



日がかなり短くなってきたので、
放課後の部活の練習時間が本当に
短く感じますよね。

雪や霜で、屋外のテニスコートでは
まともに練習できない学校さんも
でてきているのではないでしょうか。


この時期の部活動では、
ボールを打つことよりも
「体力作り」に力点をおくことになります。


夏場は暑い中での練習になりますから、
秋口の状態というのは、
自然と体力がついている状態といえます。

いわゆる「貯金」ができている状態です。


しかし、
冬場の練習をいつもと同じような
ペースでボールを打つこと中心に
取り組んだのでは、この「貯金」を
”取り崩す”ことになってしまいます。

そもそも練習時間が短くなりますから、
同じ練習をやっていたら、
体力は上がるはずがありません。



せっかく夏場についた体力を【維持】し、
【向上】させる。

これができれば、春先には「体力レベル」
という意味では
ライバル校と大きな差になっているはずです。


「体力」というスポーツに取り組む上での
基本的なスタートラインが違えば、
その後の技術の差の付き方も大きくなります。


========
部活の時間の中で【縄跳び】
========


体力つくりといってまず最初に思い浮かぶのは
「ランニング」です。校庭を○周する、など。

私のおすすめは、「縄跳び」です。


部活動の時間の中での取り組みとして
冬場は「縄跳び」をやってください。

ランニングと比較した縄跳びのいいところは、
以下の3点です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■お互いの努力の様子が常にわかる
 (= 孤独にならない)

 ■他人と比較した体力レベルがわかる
 (= 切磋琢磨。恥ずかしい結果は残せない)

 ■安全
 (= 野球部のボールが飛んでくるところに
    走りにいかなくてよい)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ランニングもいいですけど、「ダレ」ます。



次回は【縄跳び】トレーニングの
具体的な方法について。


---この内容はメールマガジンで配信されたもののうち、一部の号を抜粋・編集して掲載しています---
すべての配信号・内容の購読には以下よりご登録ください 

ソフトテニス部の顧問・外部コーチのための専用メールマガジン
「ソフトテニス部・部活運営のヒント」
↓↓↓

----------------------------------------


メールマガジン登録
無料メールマガジン「ソフトテニス部・部活運営のヒント」の読者登録は以下のページよりお手続きください。< こちら >
livedoor 天気